若いうちにチャレンジしておく

若さというものは、女性が働く際にひとつの武器となるものです。年を取ると共に、体力はもちろんのこと、記憶力や俊敏さなども衰えてしまうでしょう。覚えることが多くある仕事やスピードが要求される仕事の場合、年を取るとうまくこなすことが大変になってきます。また、目が見えにくくなったり腰痛が出るようになったりすることも、職種によっては影響を及ぼしてしまうのです。立ち仕事や重い物を持つ仕事も、徐々に辛くなってきます。やりたい仕事があるならば、若いうちにどんどんチャレンジしておくべきです。若いときは少しくらい無理をしても体力でカバーでき、また踏ん張りもききます。チャレンジするパワーもエネルギーも溢れているので、使わなければもったいないでしょう。もうひとつ、若いときのほうが好きな仕事ややりたいことをできる理由があります。それは、女性はいつしか結婚して子供を持つ人が多いということです。もちろん、家庭に入ってからも自分がしたい仕事をバリバリこなしている人もいます。しかし、そのためには夫や家族の理解が必要です。そして、家事育児と仕事の両立も、とても大変なことでしょう。若くて独身のときであればある程度自由がきくので、周りを気にせずに働きやすいのです。独り身のときのほうが、時間もあります。あっという間に年は取るものです。年を取ってからやり損ねたことを後悔しないように、若い間にチャレンジしておきましょう。たとえ失敗しても、若ければいくらでもやり直すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です